競馬予想ブック「月替わりに読む馬券の絶対ルール」競馬予想

競馬予想ブック
月替わりに読む馬券の絶対ルール
競馬予想

本月替わりに読む馬券の絶対ルール 内容
◎著者:水上学

◎出版社:ベストセラーズ
★競馬ベスト新書

◎サイズ:新書
◎ページ数:207ページ
◎競馬予想ブック発売日:2011年12月

競馬は繰り返す―アナタは1年前と同じミスをしていませんか。
天皇賞秋トーセンジョーダン「10月ルール」で大本命的中。
水上学が自戒を込めて贈る「血統・コース・ローテ」マンスリー攻略ガイド。
2012年度からの新レース体系にも対応。

「競馬予想TV!」、ラジオ日本の競馬中継解説でおなじみ、
水上学の初の競馬新書です。
競馬を1年のサイクル(12ヵ月)で分け、
各月の馬券の傾向と対策を、血統、馬場、厩舎などの面から解説。
水上の本書における狙いとは、以下の本人の言葉でも明らか。
こうした「一定の顔触れによる一定のサイクル」を
1年単位で繰り返していくのが競馬のシステムなのですから
毎年同じ時期には同じような現象が起きるのは考えてみれば当然のこと。
もちろんこうした事象は馬券にストレートに反映してきます。
しかし私たちは、毎週のように目先の馬券を打ち続けているので
せっかくレース前に気づいたヒント
あるいはレース後に気がついた後悔を忙しさで忘れてしまい
1年経つとまた同じ失敗を繰り返してしまいがちなのです。
・・・って少ししつこく書いたのは、実は私自身にそんな経験が多いから。
そこで何より自分のために、1年の経過を追いつつ
馬券のキーとなる開催のクセや傾向をハッキリさせておこうということで
今回の新書を手掛けました。
(本書「はじめに」より)

まさに自戒を込めて書きあげた1冊は
通年使える競馬のテキストブックのような存在。
各月のG1、主要重賞などの攻略ポイントも公開。
「10月のルール」では、11年天皇賞秋のトーセンジョーダンをズバリ的中!
(「BOOK」データベースより)

本月替わりに読む馬券の絶対ルール コンテンツ
◎年始競馬「買い消し」の掟-1月のルール
◎春への胎動 厳冬期のフォーカス-2月のルール
◎G1、クラシックロードの死角-3月のルール
◎3歳馬の春戦線、ここが稼ぎどころ-4月のルール
◎罠もいっぱい、春G1シーズンの闘い方-5月のルール
◎古馬vs3歳、降級、新馬…迷いに断!-6月のルール
◎主場より狙いが立つローカル戦-7月のルール
◎夏競馬は2、3歳戦がアツい!-8月のルール
◎秋競馬のスタートダッシュを決める術-9月のルール
◎G1の大物的中へのプロセス-10月のルール

ペン月替わりに読む馬券の絶対ルール 著者情報
◎水上学(ミズカミマナブ)
◎1963年生まれ
◎千葉県出身
◎東京大学文学部卒
◎ラジオ番組ディレクターを経て、競馬ライター
◎フジテレビTWO「競馬予想TV!」レギュラー出演
◎ラジオ日本「競馬実況中継」(土曜日午後解説)
◎月刊誌「競馬最強の法則」に連載中


月替わりに読む馬券の絶対ルール (競馬ベスト新書)

本競馬予想ブック 競馬予想
馬体深化論 素人でもわかる激走馬の見抜き方
究極アルゴリズム とんでもない穴馬券が獲れる!! JRA全レース対応
軸決め最強新アビリティ指数 指数系最高峰複勝率70%
馬軸3連高確率ポイント 馬連・馬単・3連複・3連単を丸ごと的中!
「芝・ダート」「左右実績」「距離実績」の3つをチェックせよ!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック