競馬予想ブック「激アツ!馬旨指数術 想定外の大穴コンプリート攻略」穴馬

競馬予想ブック
激アツ!旨指数術 想定外の大穴コンプリート攻略
穴馬

激アツ!馬旨指数術 想定外の大穴コンプリート攻略 内容
◎著者:佐々木敦子、馬旨指数研究所
◎出版社:ベストセラーズ
◎サイズ:単行本
◎ページ数:220ページ
◎競馬予想ブック発売日:2011年11月

出走馬の能力+騎手+調教師、「人間の思惑」を初めて数値化。
ニューウェイヴ指数の仕組みと10万超馬券を獲るための活用法。

日刊コンピ、スピード指数・・・競馬の世界には「指数」があふれています。
しかし、これまで、馬の能力指数はあっても、なかったのが
「陣営の勝負気配」つまり人間の思惑の数値化でした。
本書では初めてそれを指数化したのです。
そう、馬旨(うまうま)指数は、
出走馬の能力・適性=H指数+陣営(調教師・騎手)の勝負気配=A指数を合体した、
ニューウェイヴ指数なのです!  
本書のなかでも、1000〜2000円で62万馬券を的中した例を取り上げていますが、
まさに「想定外の穴馬」を見つけられるのが、馬旨指数の利点。

G1、重賞にも強く、今年のオークスの馬連4万馬券を的中。
秋のスプリンターズSでも9番人気2着パドトロワが「激アツ馬」(指数による注目の穴馬)として挙げられました。
 
また、袋とじでは、そのA指数をさらに補強する「調教師×騎手勝負タッグランキング」も掲載! 

もちろん、アナログ作業でも指数が算出できる方法も公開しています。
(「BOOK」データベースより)


激アツ!馬旨指数術

競馬予想ブック 穴馬
サラブレッド穴ゴリズム

競馬予想ブック「サラブレッド穴ゴリズム」穴馬

競馬予想ブック
サラブレッド穴ゴリズム
穴馬

サラブレッド穴ゴリズム 内容
◎著者:日夏ユタカ
◎出版社:ベストセラーズ
★競馬ベスト新書
◎サイズ:新書
◎ページ数:198ページ
◎競馬予想ブック発売日:2011年11月

月刊誌「競馬最強の法則」で15年以上の長きにわたって連載している「大穴必中大作戦」。
その作者・日夏ユタカが明かす穴馬探しのスーパーテク! 
サラブレッドの不思議な特性をデータから浮き彫りにし、G1・重賞の激走馬を炙り出す。
秋のG1シーズンでは、天皇賞・秋、エリザベス女王杯、そして有馬記念をとくにクローズアップ。
年齢、斤量、枠順、ローテなどさまざまな角度から穴馬の要素を絞り出している。
そしてダービーに連なる春クラシック戦線の死角まで、「大穴必中大作戦」の原点がここにある。

重賞のデータ予想を行なっている「大穴必中大作戦」のなかに
「●1〜3番人気減点データ」というものがあります。
人気馬の死角を探るものです。  
じつは連載開始当初、このデータを作るのがもっとも大変でした。
なにしろ、多くの予想者やファンがさんざん頭を悩ませ考え尽くした末に、
一番勝つ可能性が高いだろう、と決断を下した結果が上位人気馬です。
当然、他の馬よりも好走確率も高く、そうは簡単には崩れないし、敗因もわかりにくかったのです。
また、自分の予想技術の低さという問題もありました。  
しかし、それを克服する過程のなかで気づかされたのが、
前走で強い競馬をした馬はじつは負ける確率が高まる、という単純な真理です。
簡単にいってしまえば、好走の「反動」ということになります。
そう気がついただけで、それからは不利な展開にも関わらず勝ち負けを演じた馬や、
連続して勝ち続けている馬など人気を集めやすいタイプが
思わぬ凡走をしてしまうパターンが次々と浮かびあがってきました。
それは単に「反動」だけではなく、
「消耗」や「疲労」など、サラブレッドが生物であるがゆえの必然でした。       
(第3章より抜粋)


サラブレッド穴ゴリズム (競馬ベスト新書)

競馬予想ブック 穴馬
激アツ!馬旨指数術 想定外の大穴コンプリート攻略